AGAの治療法

自分はAGAかもしれない、けれど病院では一体どういった治療をするのかわからなくて不安だという方も多いと思われます。ただでさえ頭皮の問題はデリケートなものなので、きちんと事前に治療の情報を得たいところでしょう。

治療方法病院やクリニックでのAGAの治療方法にはいくつか種類がありますが、内服薬と外用薬での治療が一般的です。AGAは男性ホルモンの影響で髪がきちんと成長しないものなので、まずは内服薬でその根本原因である男性ホルモンを抑えます。そして外用薬で弱くなった髪の毛を補修します。この二つのことを同時に行うことによって、髪を強くし、そして抜けにくくするのがこのAGAの治療方法です。また、最近では内服薬と外用薬の治療法の他に、注射器で頭皮に直接薬剤を投与し発毛を促進させる治療法もあるようです。aga病院福島ではこの「HARG療法」を実施しているところがあるようです。女性のAGAにも効果があるようですので、一度調べてみると良いでしょう。

すでに自分で育毛剤やシャンプーでAGA対策を講じている方もいらっしゃるかと思いますが、育毛剤やシャンプーでの対策は先の治療方法でいうところの外用薬だけを使用している状態になります。したがって本当の原因である男性ホルモンには何ら影響はなく、育毛剤やシャンプーの使用をやめたときからまた髪が薄くなるという可能性があります。育毛剤などの効果がゼロであるとは言えませんが、やはり今後もきちんと髪を残していきたいと考えているならばやはり医療機関での治療がおすすめです。

間違ったAGA対策

AGAは男性ホルモンの影響で引き起こされる薄毛です。したがって体質が似ている親兄弟も皆薄毛で悩んでいるという場合、自身もAGAである可能性が高くなります。その他にも年々髪が薄くなっていくというのもAGAの進行性という特長に当てはまります。こういった条件に合致し、自分はAGAかもしれないと思って医療機関にかからず対策をしている方、実はその対策が間違っているかもしれません。

原因自分でAGAの対策をしている方は育毛剤を使用する、専用のシャンプーを使うといった方法をとられている方が多いのではないでしょうか。しかし、育毛剤にしてもシャンプーにしてもそれらは外から髪や頭皮に刺激を与える方法になります。ある程度髪を丈夫にする、太く健康にさせるといった効果は期待することができますが、AGAはそもそも男性ホルモンの影響で引き起こされる病気です。したがって、内側から原因である男性ホルモンの対策も行わなければ根本的な解決にはなりません。

自分で育毛剤やシャンプーなどで対策をしていても、それらを止めた瞬間また髪が薄くなってきたということがたくさん起きています。きちんとAGAを治したいという方は、医療機関で処方される薬で内側からの改善を行いましょう。

AGAとは

最近髪が薄くなってきた、抜け毛が気になるという方はもしかしたらAGAでは、と思っているかもしれません。最近テレビコマーシャルなどでもよく目にするこのAGAですが、一体どういったものなのかご存知でしょうか。

男性型脱毛症AGAは日本語で男性型脱毛症といい、男性ホルモンの影響で髪が薄くなっていく、抜けていく進行性の病気です。進行性なので、一度薄くなっていくと自然にまた髪が増え始めるということはありません。男性ホルモンは女性も有しているので女性にも起こりうるものですが、女性の方が当然男性ホルモンは少ないのでその症状は軽くなることが多いです。女性の場合は髪全体が薄くなっていくのに対し、男性は頭頂部や額の生え際など局所的に少なくなっていくことが多いのも特長です。

本来、髪の毛には一定の寿命のようなものがあり、ある程度伸びると抜け落ち、またそこから髪が伸びてくるというサイクルを繰り返しています。しかし、ある男性ホルモンがそのサイクルを狂わす作用を持っているのです。この男性ホルモンが頭部に多く集中することにより髪が十分に伸びる前に抜け落ちてしまいます。こういった状態がAGAなのです。したがってAGAは男性ホルモンの作用で引き起こされる病気と言えます。

AGAをご存知ですか

年齢を重ねると男性も女性も薄毛という悩みが出てくる場合があります。女性の場合は男性に比べ程度が軽く、また若い時にはあまり気にならなかったという方が多いです。しかし、男性の場合は早い方だと20代から薄毛が気になり始める方もいらっしゃいます。

AGA薄毛にはさまざまな原因がありますが、その中でも最近注目を集めているのがAGAです。テレビコマーシャルや雑誌などでもAGAという単語は目にする機会が増えたのではないでしょうか。AGAは日本語で男性型脱毛症と呼ばれる病気です。病気、というと少々不安に感じるかもしれませんが、AGAの治療法も確立されているので臆することはありません。最近抜け毛が多くなってきた、髪の量が減ったという方はAGAの可能性があるので、気になる方は早めに医療機関で診察してもらいましょう。

もちろん、薄毛の原因はAGAだけではありません。ストレスなどによって引き起こされる円形脱毛症などはAGAとは根本的に原因や髪の毛が抜けるメカニズムが違います。その他にも薄毛や髪が抜ける原因はあり、またそれらとAGAとの違いを素人が判断するのは難しいです。ですから自己判断せずに専門家に診てもらう必要があります

頭部は帽子でもかぶらない限り常に人目にさらされている部分であり、その頭部の問題である薄毛は非常にデリケートな問題です。医療機関に行くのは恥ずかしい、と思われるかもしれませんが早めの診断が早めの改善につながります。髪に悩みがある方は迷っていてはいけません。