AGAとは

最近髪が薄くなってきた、抜け毛が気になるという方はもしかしたらAGAでは、と思っているかもしれません。最近テレビコマーシャルなどでもよく目にするこのAGAですが、一体どういったものなのかご存知でしょうか。

男性型脱毛症AGAは日本語で男性型脱毛症といい、男性ホルモンの影響で髪が薄くなっていく、抜けていく進行性の病気です。進行性なので、一度薄くなっていくと自然にまた髪が増え始めるということはありません。男性ホルモンは女性も有しているので女性にも起こりうるものですが、女性の方が当然男性ホルモンは少ないのでその症状は軽くなることが多いです。女性の場合は髪全体が薄くなっていくのに対し、男性は頭頂部や額の生え際など局所的に少なくなっていくことが多いのも特長です。

本来、髪の毛には一定の寿命のようなものがあり、ある程度伸びると抜け落ち、またそこから髪が伸びてくるというサイクルを繰り返しています。しかし、ある男性ホルモンがそのサイクルを狂わす作用を持っているのです。この男性ホルモンが頭部に多く集中することにより髪が十分に伸びる前に抜け落ちてしまいます。こういった状態がAGAなのです。したがってAGAは男性ホルモンの作用で引き起こされる病気と言えます。